交通事故自動車保険の種類

Pocket

交通事故交通事故の損害を補償する自動車保険には、大きくわけて2種類があります。片方は自賠責保険、片方は任意保険です。

自賠責保険は別名強制保険で、すべての自動車が加入する義務があります
この義務を果たさない場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止(違反点数6点)のペナルティを受けることになるほか、保険証を車に置いていない場合には、30万円以下の罰金というペナルティを受けることになってしまいます。

これに対して任意保険の特徴に関してですが、自賠責保険のように加入が義務付けられているわけではありません。多くの保険会社が保険商品を扱っており、掛け金や補償内容に多少の違いがあります。

なぜ強制保険だけでなく任意保険があるのか、この点に疑問を感じた人もいるでしょうが、自賠責保険は補償範囲や補償額が限定されており、交通事故の相手が受けた身体の損害のみが補償範囲に含まれており、相手が受けた物の損害、自分の身体や物の損害は発生したとしても補償されません。補償の金額も死亡は上限3,000万円、傷害は120万円、後遺障害は等級に応じて75~4,000万円で、上限を超えた分に関しては自己負担になってしまいます。

任意保険は自賠責保険の保障の範囲外や補償の限度額を超えるぶんの補償の付加などが可能で、多くの自動車のオーナーが加入しています。当サイトでは任意保険のメリット・デメリットや商品の選び方を解説していますので、参考にしていただければ幸