任意保険の選び方

任意保険は取り扱っている保険会社の商品によって、補償内容や掛け金が異なります。基本的なこととして、補償は手厚いほど保険料は高くなりますし、反対に補償が薄いほど保険料は安価です。とにかく安ければいいという気持ちで保険料の安さだけで決めてしまうと必要な補償がないという事態を招くことになりかねませんし、不安であれもこれも補償するような任意保険にしてしまうと、保険料の負担に苦しめられてしまう恐れがあります。予算を明確にし、必要な補償がひととおり整っていて、保険料が割安な商品を候補にすることが、任意保険選びで失敗しないためのポイントです。

注意しなければいけないのは、補償内容が似通っていても、保険会社によって保険料に違いがあるということです。同じような補償内容の任意保険が2社あるとして、両者の保険料には数万円の違いがあるということも決して珍しい話ではありません。このため、よく各社の商品を比較することが大切なのですが、一社ずつ見積もり請求をするのが面倒くさく感じる人もいるのではないでしょうか。いまはインターネットで簡単な情報を入力するだけで各保険会社に一括見積もり請求をすることが可能な無料のサイトがあるため、活用することをおすすめします。効率よく希望の補償内容で最安値の保険会社を探し出すことが可能です。

任意保険の良い点悪い点

任意保険は自賠責保険(強制保険)で補償されない、交通事故で相手が受けた物の損害、自分が受けた身体や物の損害に対する補償を受けることが可能になるほか、自賠責保険の補償上限額より多額の補償を受けることが可能です。特約を付加することが可能な点が任意保険の大きな特徴のひとつであり、ほかの人の自動車を運転していて起こった事故による損害を補償する他者運転特約など、実にさまざまな種類の特約が存在します。そのほか、任意保険の多くはロードサービスの利用が可能です。燃料がなくなった際の無料給油、キー閉込み時のロック解除、無料のレッカー移動などがあります。

上記のようなメリットが任意保険にはありますが、デメリットもあります。任意保険は有料であり、保険料を支払う必要があります。交通事故がなければ、任意保険の加入で払ったお金は無駄になってしまうことになります。ただ、死亡事故で自賠責保険で補償しきれないような恐ろしい額の支払いの責任を負うことになった場合のことを考えると、任意保険に入っていることの安心感のほうが勝るという人は多いでしょう。また、補償を受けられる運転者や年齢を限定するような特約を付加したり、より安い保険会社の商品を契約したりすることで、費用負担を抑えることも可能です。

交通事故自動車保険の種類

交通事故の損害を補償する自動車保険には、大きくわけて2種類があります。片方は自賠責保険、片方は任意保険です。

自賠責保険は別名強制保険で、すべての自動車が加入する義務があります。この義務を果たさない場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止(違反点数6点)のペナルティを受けることになるほか、保険証を車に置いていない場合には、30万円以下の罰金というペナルティを受けることになってしまいます。

これに対して任意保険の特徴に関してですが、自賠責保険のように加入が義務付けられているわけではありません。多くの保険会社が保険商品を扱っており、掛け金や補償内容に多少の違いがあります。

なぜ強制保険だけでなく任意保険があるのか、この点に疑問を感じた人もいるでしょうが、自賠責保険は補償範囲や補償額が限定されており、交通事故の相手が受けた身体の損害のみが補償範囲に含まれており、相手が受けた物の損害、自分の身体や物の損害は発生したとしても補償されません。補償の金額も死亡は上限3,000万円、傷害は120万円、後遺障害は等級に応じて75~4,000万円で、上限を超えた分に関しては自己負担になってしまいます。

リンク…http://www.ko2jiko.com/
交通事故の自賠責保険の支払限度額について参照させていただきました。

任意保険は自賠責保険の保障の範囲外や補償の限度額を超えるぶんの補償の付加などが可能で、多くの自動車のオーナーが加入しています。当サイトでは任意保険のメリット・デメリットや商品の選び方を解説していますので、参考にしていただければ幸